点群データの活用シーン

点群データの活用シーン
0

こんにちはリヴィティエ:PR担当です。
前回点群データを使うと色々な使い道がある。。。と考えて見たところで「さて?何に使う?」と考えて書き出してみました。

点群データをChatGPTに聞いてみる

またここでChatGPTさんに聞いてみましょう。

点群データの使い道はどんなものがありますか?

点群データは、さまざまな分野で活用されています。以下に、主な点群データの使い道をいくつか挙げてみます。

3Dモデリング: 点群データは、物体や環境の精密な3Dモデルを作成するために使用されます。例えば、建築や土木工学の分野では、建物や地形のスキャンデータを点群データとして取得し、それを基に3Dモデルを作成して設計や解析に利用します。

レンダリングとビジュアルエフェクト: 点群データは、映画やゲームの制作において、リアルな視覚効果を作り出すために使用されます。例えば、爆発や煙、雲などの自然現象をリアルに再現するために、点群データが使用されます。

地理情報システム(GIS): 点群データは、地理情報システムにおいて地形や地物の表現に使用されます。地形や建物、樹木の点群データを取得し、それを地図上に配置することで、リアルな地理空間の表現や地形解析を行うことができます。

車両やロボットのナビゲーション: 点群データは、自動車やロボットのセンシングに利用されます。センサーから得られた点群データを解析し、周囲の障害物や環境の特徴を認識し、車両やロボットのナビゲーションに活用されます。

製造業や品質管理: 点群データは、製造業や品質管理の分野でも使用されます。製品や部品の形状や寸法を測定するために点群データを取得し、そのデータを解析して製品の品質を評価することができます。

文化遺産の保護と復元: 点群データは、歴史的な建造物や文化遺産の保護や復元にも活用されます。建築物や彫刻などの点群データを取得し、それを基に修復や再現を行うことができます。
これらは一部の例であり、点群データの利用は非常に多岐にわたるため、さまざまな分野でさまざまな応用がされています。

 

とのことです。

官庁・自治体主導のデータ活用

デジタルツインやメタバースへの活用など、総務省、国土交通省、経済産業省

他にも研究室や、大学の論文などネットで検索すると沢山のアイデアをPoCした結果など見ることができます。

バーチャル渋谷
https://vcity.au5g.jp/shibuya
最近は、「渋谷」や「秋葉原」といった「街」をデータ化してデジタルプラットフォーム上で再現することで「メタバース」のマップとして利用する、という方法が盛り上がっているようです。

「仮想空間」として活用した時、どういったメリットとデメリットがあるのかプラットフォームに載せて実際に感じてみようという試みのようです。

点群データ活用事例

Googleで「点群データ 活用事例」で検索すると、道路やトンネルなどのインフラ構造物の点検や、災害時の被害確認用。
重要文化財のデジタルアーカイブ。という用途が紹介されます。

構造物の点検というのは、事前に撮っておいた点群データと現在の点群データを「比較」することで歪みや、傾斜について変化を把握することで補修の必要性などを判断することに使えるようです。
災害時の被害確認も「前どうだったか」を詳細に記録できていれば、どこの何がどうなったのか?を比較することができます。

橋梁

重要文化財のアーカイブは、上記のように補修や劣化判断といった使い道もあると思いますが、メタバース環境に移植すれば仮想空間で文化財に触れる。ことも可能になると思います。
それこそ劣化を恐れて触れることのできないものでも、手に取るように観察することができるようになるかもしれません。

情報を調べると主に「建築」関係で活用されている事例が多数見受けられます。ドローンを使って建物を丸ごとスキャンすることで大きなものでも気軽にデータ化できるようになっているようです。
その他「製造業」による活用も増えてきており「正常モデル」のデータと成果物のデータを比較させることで、成果物に対する品質管理にも役立てる場面が増えてきています。

身近に使える点群データ

点群データを調べていくと「大掛かりなインフラ設備」や「建築物」といった大きなものが事例で出てくるため、身近に感じにくいかもしれませんが「製造業」での活用事例などを見ると、日常的に使う環境(サイズ)でも利用できるような気がしてきます。
ミーティング

今まで考えられなかった事が実現できる可能性が「点群データ」にはあると思います。

リアルをスキャンしてデータ化することで解決できる課題は沢山あります。

0

上記の記事に関するお問い合わせやシステム開発に関するご相談はこちらへ

お問い合わせページ