RPA App Build

RPAアプリケーション構築

RPAとは

RPAとは、ロボットによる
業務自動化を表す言葉

「仮想知的労働者(Digital Labor)」とも言われます。
人間が行うパソコン操作を「RPAツール」で置き換えできるため、人間の補完として既存業務を自動化することができます。

RPAツールとは

RPAツールは
アプリケーションを
自動処理化してくれる

複雑なプログラムの開発を必要とせず、業務の処理手順を操作画面上から登録しておくだけで、Excel、Wordやブラウザなど様々なアプリケーションを自動処理化することが可能です。

RPAを
導入すると

RPAを導入は、有能ロボットを
雇用するのに等しい

人間と同レベルのサービスと品質を人間以上の迅速性と正確性をもって実現し、絶え間なく働き続ける有能なロボットを雇用するのと同じなのです。

RPAに
適した業務は

RPAに適した職業は
ホワイトカラー

主に人事、経理、営業、調達などの事務処理全般のホワイトカラー業務と親和性が高く、特に以下のような特性の業務に適しています。

  • 人の判断(意思決定)を必要としない業務
  • 作業手順が明確でルール化された定型業務
  • 定期、不定期に実施する繰り返し業務
  • 作業時間や人手のかかるボリュームが多い業務
RPA導入で
気をつける事は

RPA導入に当たって気をつける事は
アプリケーションすべてをRPA化は出来ないということ

RPAツールはエンドユーザ部門でも開発が可能です。しかし、人間による処理業務やEXCEL、VBAやプログラミング言語で開発されたアプリケーションすべてをRPAで置き換えることはできません。
RPAツール製品の機能範囲を理解し、適用可能な業務の見極めと検証作業が必要になります。又、業務により他のツール(EXCEL、VBA等)での開発も検討する必要があります。

リヴィティエのRPAアプリーケーション構築
4つのサービス特徴

スピーディ

1ヵ月からの短期間で
導入が可能

低コスト

50万からの低コストで
手軽に利用

フルサポート

RPAの導入から開発、
サポート、保守まで
一気通貫で対応

非RPA対応

RPA導入不可の業務は
VBA、EXCEL等の
他の開発ツールでも構築

リヴィティエがご提供するこれらのサービスは、RPA開発ツールとして、以下の製品に対応します。

  • 代表的なテンプレート型RPAの「UiPath」(UiPasth社製品)
    世界的に多くの導入実績を持ち、国内でも急速に採用が進んでおり、直感的な操作で簡単にアプリケーションの構築やロボットの一元管理が可能である。

  • 代表的な開発型RPAの「ROBIWARE」(㈱イーセクター社製品)
    汎用的なプログラミング言語を使い、APIによって複数のアプリケーションの構築まで可能である。

尚、「UiPath」に関しては、「UiPath Academy Foundation Training」(注:UiPath社が提供するオンライントレーニング)の修了技術者が対応します。