Flexで
作成された業務システム
Angularで作り直しませんか?

2017年7月25日、米Adobe Systems は2020年末でのFlash Playerのサポートを完全に終了することを発表しました。 リヴィティエでは、Flexで開発されたWeb系業務システムを、ビジネスロジックに影響を与えずにAngularに切り替えることが可能です。

お見積り無料

お見積り無料

最大80%の自動変換

最大80%の
自動変換


HTML5のコストを
1/3削除

必要な素材は
flexのみ

変換サービスを使用するメリット

自動化でコスト削減

 

Flexのコードスタイルをそのまま自動で移行します。開発工数・納期が短縮。

高速・軽量

 

コンバートに合わせ、すべてのコントロールが最適化されます。

要件定義不要

 

既存のシステムをそのまま変化するため、新たに要件定義を行う必要がありません。

保守管理が容易

 

Flex技術者が継続して管理を行うことが可能です。モバイルでも利用できます。

移行の流れ・サービスの進め方

FlexシステムをAngularに移行

サーバーサイドのロジックの変更は行わず、MXML・ActionScriptをHTML5/Angularに移行、通信方法をそれに合わせた方式に変更することで、既存のシステムのビジネスロックに影響を与えずに移行します。

Flexからangularに移行する流れ
サービスの手順

ヒアリングと
お見積り

システムの内容や動作環境等をヒアリングし、お見積りさせていただきます。内容が不明の場合でも、ソースを提供頂ければお見積りが可能です。

ソースコードの受領

受領のため、機密保持契約(NDA)を締結いたします。契約後、プログラムソースを受領いたします。

弊社で変換適応

弊社により、FlexからHTML5への変換を行います。自動で行えない部分に関しましては、自動で行います。

移行とテスト

手動で行う部分に関しましては、弊社の技術者が行います。技術者が行うテストについては、ソースコードの解析、ソースコードの手作業による修正、画面疎通テスト、単体テストを行い、結合テスト、システムテスト工程で実装致します。

リヴィティエ flex→HTML5コンバートツールについて

リヴィティエでは、flexからHTML5の自動変換ツールの開発を行い、MXML・ActionScript・標準コンポーネントといった比較的共通性の ある部分の移行は自社開発の変換ツールにより自動的に行います。これにより、開発工数を削減し、納期・コストの縮小につなげます。


内容概要効果
MXMLの変換 Flex通常コントロール(mx)で実装されたMXMLファイルを、
Flexのコードフォーマットに合わせた独自コンポーネントを
試用したHTMLとTypeScriptで生成。
80%割合で移行可能、それによる作業コスト削減
Action Scriptの変換 Action Scriptのソースから、Angularのスケルトンを TypeScriptで生成。 スケルトンを実装するなどの機械的な作業コストの削減
Flex通常コントロールの変換 MXMLの変換で参照されるAngular向けの独自コンポーネント を記置 当該コンポーネントを利用することで、 FlexのコードフォーマットでHTML5が 動作することにより、 Flex技術者のソース把握コストの削減

機能紹介

このコンポーネントは、wijmoをベースに対応しています。

  • ■FlexGrid

    • FlexGirdは、依存ライブラリを使用せず、Angularの フレームワークにもサポートした、軽量、高速化に特化したデータグリッドコントロールです。 拡張性の高いAPIを使用することで、様々な要件を柔軟に対応することができ、ユーザーに新しい体験を提供します。

    • 基本性能、拡張性

      基本性能とAPIの拡張性が高いため、要件に対する柔軟な対応と、高性能なデータ表示ができます。

    • 様々な機能

      Excelに搭載されている様々な機能が利用できます。
      (例: F2 キーによる編集開始のキー操作、Enter キーによるセル移動、 セル結合、ウィンドウ枠の固定、データ集計 等)

    • 高速、軽量化

      FlexGrid のモジュールサイズは 150KB 以下です。 ライブラリを利用する為、サイズの増加や、速度低下の心配はありません。

    • 最新のフレームワーク

      FrexGridは、Angularの、使用率の高いフレームワークでお使い頂ける様設定されています。

  • ■FlexChart

    • 60種類を超える様々なチャートに対応し、 高い性能を誇るチャートコントロールで業界アプリケーションのデータビジュアライゼーションをサポートできます。

    • 様々なチャート

      棒グラフ、折れ線グラフ、バブルチャート、レーダーチャートなど、60種類を超える様々なチャートをご利用頂けます。

    • 高速化

      性能を最重視として置かれているコントロールなのでアプリケーション性能の性能向上や、待ち時間の短縮が可能です。

    • 軽量化

      FlexChartのサイズは200KB以下です。 ライブラリを圧迫することなくご利用いただけます>。

    • データ連結処理

      円形、もしくは線形のゲージ、グラフを使用し、 データをわかりやすく表示できる機能です。

  • ■Input

    • 業務で使用されるアプリケーションに必要な入力機能を幅広くカバーできる入力コントロール機能です。

    • 機能・特徴

      • マスク入力
      • 数値入力
      • コンボボックス
      • 複数選択
      • リストボックス
      • 色の入力
      • カラービッカー
  • ■Gauge

    • 円形、もしくは線形のゲージ、グラフを使用し、データをわかりやすく表示できる機能です。

    • 機能・特徴

      • 線形ゲージ
      • 円形ゲージ
      • ブレットグラフ
  • ■TreeView

    • チェックボックス、文字列、画像など HTMLコンテンツも含む、 データを、わかりやすくリストで表示できます。

    • 機能・特徴

      • チェックボックス
      • ドラッグで移動
      • 編集
      • 画像
      • 無効化
      • カスタム表示
      • 遅延読み込み
  • ■MultiRow

    • MultiRowは、横に長い1レコードをコンパクトに表示させることができるため、 フィールド数が多いデータでも、横スクロールを必要とせず、1画面で全てのフィールドを表示できます。

    • レイアウト

      レコード内のセルは、結合することができます。 セルの連結を使用すれば、柔軟なレイアウトを組むことができ、見やすいデータ制作をサポートします。

    • 列レイアウト情報の設定

      列レイアウト情報を設定することにより、異なるレイアウトでのグリッドデータを表示することが可能な為、 コーディングする際、レイアウトの違いを意識する必要はありません。 列レイアウト情報を切り替えると、通常グリッドを、複数行として表示することができます。

    • 列ヘッダの折りたたみ表示

      本来は、列ヘッダと明細は同じレイアウトでの表示になりますが MultiRowは、列ヘッダを折り畳み、1行で表示することが可能です。 列ヘッダの折りたたみ、展開は、ボタンクリックで動的に行うこともできます。。

    • 様々なデータ入力型式

      通常のテキストボックスだけでなく、コンボボックス、チェックボックスによる入力も可能です。 レコード単位でデータを追加したり、選択されたレコードを削除すること容易に行うことができます。

    • 誰でも使える操作性

      一般的なキー操作やクリップボード操作をサポートているため、Excelなどを使用するのと同じ感覚で、どなたでも簡単に操作を行うことができます。 セルのコピーアンドペーストはExcelとのやり取りも正確に行うことが可能なため、操作性の幅が広がります。

    • 簡単・多様なファイル出力

      MultiRowは、WebブラウザのみでExcel・PDFファイルを出力することができます。 また、MultiRowと他のコンテンツを組み合わせて出力することも可能でなため、様々なファイル出力をすることができます。

  • ■FlexSheet

    • WebアプリでExcelのようなUIの提供を実現。 高速・軽量なコントロールで、数式の適用、セルの書式設定、固定行/列の設定、 Excelデータの入出力をサポートしています。

    • 数式機能

      FlexSheetは多くの数式があり、オートコンプリートに対応した数式演算で、 集計、数学計算、論理、およびテキストを処理できます。

    • データ連結

      "FlexSheetはアンバウンド(非連結)モードでも利用できますが、データバインディングもサポートにより、 FlexGridを継承し拡張すると、バウンドモードでデータを連結を可能にします。

    • Excelファイルにも柔軟に対応

      Excelファイルのインポート・エクスポートが可能なため、Excelとのやり取りも スムーズに行うことができます。

    • 親しみやすいUIデザイン

      FlexSheetのUIは、ユーザーが親しみやすい設計となっているため、 初めて使用するユーザーでも、各機能が使いやすく、作業パフォーマンスが向上します。

  • ■OLAP

    • Excel のピボットテーブルのように、大量のデータから様々な集計を簡単に行うことができます。 サーバーサイドとの依存関係なく、クライアントサイドで数千行の集計を細かく実行させることができます。 OLAP コントロールを使用すれば、大量のデータを非常に見やすい UI にて集計できます。

    • 親しみやすいデザイン

      Microsoft Excel のピボットパネルと同様、親しみやすく、見やすい、UIデザインとなっています。

    • 優れた性能性

      性能性を重視した設計となっており、数千もの大量データでもミリ秒単位で処理・集計することが可能です。

    • 作業の効率化

      ビュー設定条件の保存/読込や、など様々な機能を搭載しており、作業がの効率化を図ることができます。

    • 機能・特徴

      • PivotPanel
      • なじみのあるUI設計でどなたでも簡単にピボットテーブルの作成ができます。

      • PivotGrid
      • 行、列は折り畳み可能なため、大規模なデータを容易に管理することができ、 Excelのようなデータ集計が可能です。

      • PivotChart
      • 縦棒、横棒、面、折れ線、散布図、円などのチャートタイプが搭載されており、 大規模なデータを容易に視覚化することができます。

  • ■FinancialChart

    • 金融分野に特化した様々なチャート機能が搭載されており、株価トレンドを用途に合わせ分析し、素早く視覚化を行うことができます。 チャートの種類は全9種類あり、通常では実装が複雑な平均足やカギ足などのチャートも標準搭載されているため、最小コーディングで、必要な情報を短時間で視覚化することができます。 株取引アプリに必要なツールはほとんど兼ね備えています。

    • 高速かつ正確な処理

      金融分野における、一秒一刻を争う状況においても、高速かつ正確な処理で素早く対応します。

    • ダッシュボードとしても活用できる

      ニーズや目的に応じて必要な情報を追加し、データ分析に最適なダッシュボードを構築することができます。

    • 計算エンジン搭載

      データの傾向をトレンドラインで視覚化し素早く分析します。Excel がサポートするあらゆるタイプのトレンドラインをサポートします。

  • ■ReportViewer

    • 帳票の表示、印刷、エクスポート
      フルスクリーン表示や検索、見出しなどの高度な機能にも対応しています。

    • ReportViewer主な機能

      ブラウザ上で帳票をプレビュー表示、印刷、各種型式(PDF/HTML/Word/RTF/Excel/画像)で保存など、 帳票を閲覧・管理するのに便利な機能が十分に搭載されています。 また、文字列検索機能も付いており、検索結果を強調表示やリスト表示にして出すことも可能

    • FlexReportエンジンの特長

      FlexReportエンジンは従来のエンジンと比べ、約2倍高速化が可能です。 多くのチャートに(棒/折れ線/円/面/散布図/レーダー/ローソク足)対応。 レポート内で複数のデータソースを使用でき、グループ化、ソート、フィルタリングに対応。

    • FlexReportデザイナの機能

      FlexReportデザイナは、Visual Studioを起動する必要がなく、単独で実行することが可能で 作成したレポートファイルは、コンパイルを必要としないため、高速でFlexReportエンジンで読み込むことができます。 C1ReportやCrystal Reportsから簡単かつ素早くインポートすることもできるため、作業効率の向上に役立ちます。 また、スナップラインを使用した距離の調節や整列、チャートエディタでは、チャートフィールドのプロパティや視覚エフェクト設定など、 豊富で便利なデザイン機能により、レポートをより簡単、スピーディーにデザインすることができます。